玩具 パズル
知育教材




スポンサードリンク

乳幼児の皮膚病について

乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは?
生後1カ月から1カ月半頃に、ほほやおでこの部分を中心に
現れる湿疹のことを乳児湿疹といいます。

しかし、これはほぼ全ての赤ちゃんが一時経過する
もので、アトピーとは違いま す。


原因
乳児湿疹は、皮脂の分泌が活発になったことで起こります。


手当て方法
特別な治療は必要ありません。
皮脂が目立ってきたときに、石けんなどで洗うなどの
スキンケアをしてあげるといいでしょう。

ただし、脂分を落とし過ぎて、 乾燥させてしまわないように
肌の状態をよく見ながら、適切なケアを 心がけましょう。

乳児湿疹の症状がひどくなって、赤みをおびたり、
ジュクジュクになったりしてきたら、
炎症を起こしていることも考えられますので、
スキンケアだけでは治りません。
そのときは、医師に相談しましょう。

乳幼児の皮膚病について

乳児脂漏性湿疹とは?

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)とは?

生後1ヶ月すぎると、湿疹が気になることが多くなるでしょう。
その際の湿疹の見分け方を見につけておきましょう。

どこに出るかが重要な手がかりです。

乳児脂漏性湿疹の特徴
首から上の頭、耳、おでこ、ほほ、髪の生え際、眉毛などに
黄色いフケのような皮脂のかたまりがつきます。
ここに炎症が起きて湿疹ができます。

頭に丸いうろこのようなものができる赤ちゃんもい ますし、
頭やおでこのあたりにフケのようなカサカサしたものができる赤ちゃ んもいます。


●原因

新生児〜生後6ヶ月位までは、皮膚腺の活動が活発です。
そのため脂漏(しろう)がでやすいです。

赤ちゃんは、ママ のおなかの中にいたときに
女性ホルモンの影響を受けています。
そのため新生 児期から3カ月くらいまでは
皮脂の分泌が非常に活発で、皮脂の“脂が漏れ て”
湿疹になってしまうのです。

症状が出やすい子とそうでない子がいます。
体質や皮膚 の丈夫さが関係しているようです。


●対処法

 カサカサする程度の軽い症状なら、
石けんでよく汚れを落としてあげれば良くなってしまう場合もあります。

お風呂の時などに石鹸で洗いましょう。
石鹸だけで落ちないベタベタしたものは、
洗う前に、オリーブ油や白色ワセリンを塗って、
軟らかくすると落ちやすいです。

強くこすると、摩擦で炎症がおきやすいので
やさしく丁寧に洗い流しましょう。

かさぶたが取れて黄色くジュクジュクすると、
そこからばい菌が入ってしまう可能性もあります。

時にブツブツや赤みがあり、炎症が強い場合には、
皮膚科か、小児科で受診しましょう。
そうすると、軟膏やローションをもらえるでしょう。

湿疹にさわる頻度が多くなると、雑菌がつく可能性も
高くなるので、できればさわらずに乾かしましょう。

また、部屋の温度を暖かくしすぎると体温が上がり、
皮膚血管が拡 張してかゆみが強くなりがちです。
日本の夏は湿度が高く蒸し暑いので、クー ラーや除湿機などをうまく使って、こまめに除湿をしましょう。

皮膚が乾燥するような状態にしてあげるくらいの ほうが、
「乳児脂漏性湿疹」には良いのです。

毎日きれいに石鹸で洗って清潔にしていれば
生後6ヶ月頃にはだんだん出来なくなります。

妊娠中毒症について

妊娠中毒症対策

妊娠中毒症対策

妊娠中毒症は大部分が食事療法と安静で、予防・治療ができます。

塩分を控えましょう

 妊娠中は、塩分の摂取量を1日7〜8g程度に抑えましょう。
 妊娠中毒症の人は、軽症で7g以下。
 重症の人は5〜3g以下に抑えるようにしましょう。

 ・減塩醤油や、減塩味噌を使う。
 ・醤油はかけるよりも、つけるようにする。
 ・天然のだしを使うようにする。
 ・酢やレモンを使用する。
 ・麺類の汁は飲まない。

 
良質のたんぱく質をとりましょう。

 妊娠中毒症になると、尿中にたんぱく質がもれてしまうため、
 赤ちゃんの発育も悪くなります。


カルシウムを多めにとりましょう。

 カルシウムには血圧を下げる効果があります。
 赤ちゃんの骨や歯を形成するのに大切な栄養素です。


●食事は低カロリーにしましょう。

 おやつや糖分の摂取を控え、おかず中心で主食を控えましょう。
 脂肪は植物性のものを使いましょう。


安静にしましょう。

 とにかく、疲れたら休みましょう。
 「むくみが出てきたな」と思ったら、足を高くして、
 横になって休みましょう。
 旦那さんの協力も、大切です。

 
妊娠中毒症は、軽いうちは自覚症状がむくみぐらいしかありません。
しかし、重症になると頭痛、めまい、胃痛、吐き気などに続いて、
痙攣発作が起こることがあります。
これは、全身がけいれんし、意識不明になる発作で、
母子ともに危険な状態になります。

妊娠中毒症になると、赤ちゃんの成長にも影響が出てきます。
早産や未熟児出産、出産時に胎児仮死の状態が起こることもあります。

少しの心がけで、予防できることが出来る病気ですので、
気をつけていきましょう。

                                  ■参考文献 
 ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ大百科シリーズ
 妊娠大百科

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。